イケボになる方法

簡単にできる裏声の出し方!2つの方法を現役ボイストレーナーが紹介!

簡単にできる裏声の出し方!2つの方法を現役ボイストレーナーが紹介!

裏声が全く出せない方、なんとか出せるけど汚くなってしまう方も多くいらっしゃいます。

そんな方は今までカラオケに行っても裏声の部分だけが高くて出なかったり自信がないために、キーを落としていませんでしたか?

もしそうだとしたら、とてももったいない事です。

裏声は練習すれば誰でも出せるようになるんです。

しかも裏声を出せるようになると、今まで絶対出せなかった高音まで地声でも出せるようになります

裏声を出している喉の状態は、とてもリラックスしているため、繰り返して使っていると身体が自然にその状態を覚えて、地声で歌う時にも喉に無理をかけずに歌うことができるようになるんです。

特に最近は、高い音を使う歌謡曲が多く、裏声を使わないと気持ちよく歌えない場合もありますよね。

当記事では簡単にできる裏声の出し方を2つお伝えします。

そして裏声の感覚を掴んだら、実際に歌で使えるように裏声を鍛える方法も合わせてお伝えします。

この記事を読んでわかること

簡単にできる裏声の出し方2つの方法
  1. ため息裏声法
  2. 吸気の裏声法

以上2つの練習法を1つずつ説明します。

チェックポイント

それぞれの練習の際、とにかくリラックスすることを常に意識しながら行なってください。

ため息裏声法

まず初めは、ため息裏声法

この方法は、多くのボイストレーナーが行なっている最もポピュラーな方法です。

長めの弱いため息ではなく、強く短く一気に息を吐くように「ハー!」とため息を吐きます。

だいたい1秒〜2秒くらいで息を全部吐き切るような気持ちです。

ため息の1回ずつに、少しだけ声を混ぜてみてください。

最初は地声で、あなたの楽な音程から始め、だんだん音程を上げていきます。

すると、ある高さになると、もっと高音を出したくて喉に力を入れたくなるポイントがきます。

その時が最も肝心なポイントです!

ため息の量を強く多めに保ちながら、喉の力を一気に抜いて音を上げつづけてください!

この時、絶対に喉に力を入れないでください!

コツは、喉だけじゃなくて全身の力を抜くことです。

猫背になって、だらしないくらいダラーンとして、気持ちは「無の境地」です。

聞こえるか聞こえないかくらいの音でもいいので、少しでも喉に力を入れずに音が出たら裏声の成功です。

裏声のコツさえつかめれば、あとは回数を重ねていくと、息が抜ける量を声の量が上回り、安定した強い裏声を出せるようになります。

チェックポイント

歌の練習全般に言えることですが、どんなテクニックでも一朝一夕にはいきません。

根気よく繰り返していると、ある時突然できるようになるので、諦めずに頑張ってください。

吸気の裏声法

吸気の裏声法

残念ながら、前記の「ため息練習法」で裏声が出せなかった人は、こちらの「吸気の裏声法」を試してみてください。

ただし、ほとんどの人は普段使わない発声法なので、慣れないうちは、弱めに少しずつ行なってください。

そしてほんの少しでも違和感があったらすぐ中止して、喉の様子をみながら行なってください。

やることは単純です。

弱くていいので、息を吸いながら声を出してください。

こちらも、最初は地声の出しやすい音程から始めて、だんだん音を上げていきます。

今度は太めのガラガラした感じの音がすると思います。

ある高さから微妙に音質が変わります。

その時すでに裏声になっている場合がほとんどです。

その音の高さと喉のまま、吸っていた息を逆に吐いてみてください。

綺麗な裏声になっていたら大成功です。

ファルセットからヘッドボイスへ

ファルセットからヘッドボイスへ

裏声には2種類あります。

ファルセットと呼ばれる息が抜ける裏声と息が抜けないヘッドボイスと呼ばれる裏声です。

ファルセットは音量も小さく弱いため、メインボーカルに使うにはあまり向きません。

ヘッドボイスを出すにはファルセットを出すより難しいですが、練習して実際の歌唱につかえるようになりましょう。

ファルセットとヘッドボイスの違いを詳しく知りたい人はファルセットとは?出し方のコツを現役ボイストレーナーが詳しく紹介!で説明したのでこちらの記事も合わせてご覧ください。

ボイトレはプロに習いましょう

当記事では裏声の出し方を2つ紹介してきましたが、歌のテクニックは裏声だけではないです。

本当に歌が上手くなりたい人に、現役のボイストレーナーとして、ボイトレはプロに習うことを強くおすすめします。

チェックポイント

プロの先生は声の出る仕組みを解剖学的にも理解していて、身体をどのように使えばいい声が出るのかを熟知しています。

ボーカルスクールは基本的にマンツーマンシステムで、先生が生徒一人ひとりの個性や特徴を把握しながらレッスンしていくため、独学でトレーニングするのに比べ、遥かに効果的です。

しかしボーカルスクールの月謝は他の習い事に比べてかなり割高なので慎重に選びたいですね。

シアーミュージックは月々の経済的負担も少なく、安心して楽しくレッスンが受けられるボーカルスクールです。

全国に95教室を展開していて、youtubeに先生が歌っている動画をアップしているのですが、先生の歌が素敵すぎると評判になっているシアーミュージックを紹介します。

毎回、好きなコース、好きな教室、好きな先生を選べるシアーミュージックは当サイト一押しのスクールです。

シアーミュージックについて詳しくはシアーミュージックが危ないって噂は本当?評判・口コミを徹底調査!で紹介したのでこちらの記事も合わせてご覧ください。

まとめ:まずは無料体験レッスンを受けましょう

当記事では簡単にできる裏声の出し方を2つお伝えしてきました。

簡単にできる裏声の出し方2つの方法
  1. ため息裏声法
  2. 吸気の裏声法

そして裏声の感覚を掴んだら、実際に歌で使えるように裏声を鍛える方法も合わせてお伝えしました。

あなたもぜひ裏声をマスターして歌声の引き出しを増やしてみてくださいね。

当記事おすすめのシアーミュージックは、採用率わずか5%という非常にレベルの高い先生が揃っているミュージックスクールです。

まずは、無料体験レッスンを受けてレッスンを体感してみましょう、

当記事があなたの音楽ライフのお役に立てればこのうえない喜びでございます。

最後までご覧いただきましてありがとうございます。

ボイトレ教室のおすすめについては「ボイトレ教室のおすすめ5選!現役ボイストレーナーが徹底比較!」でまとめているので、参考にどうぞ。

ABOUT ME
ひろりん
ひろりん
40代で芸能プロダクションが主催する美人ニューハーフオーディションに合格したのをきっかけに音楽の勉強を始め、現在、横浜にあるホームのライブハウスを拠点に女装シンガーソングライターとして関東各地のライブハウスに出演しながらカラオケ歌唱法・作詞・作曲法・ピアノ弾き語りを教えるヴォーカルトレーナーとして活動しています。
ボイトレ講座の無料体験を活用しよう!

本サイトで紹介している練習方法を毎日やっていけば、段々と”イケボ”に近づいていきます。

ただ、自分1人で毎日練習していても自分が成長しているのか不安になったり、モチベーションが続かなかったりする人が多いです。

特に自分の声に合ったトレーニングを選ばないと、全然うまくならないままかも。。
そんなあなたには、業界最大手で信頼できる”シアーミュージック”がおすすめです!

初期費用を安く抑えたいという方には、入会金無料で通いやすい”MYU”がおすすめ!

イケボになってカラオケでドヤりたい方、プロを目指していきたい方は要チェックです。